車の3つの駆動方式

路面により多くのパワーを伝えるシステムに4WDという方法があります。

 

多くの自動車は2WD方式を採用しています。これは前輪、または後輪のタイヤにエンジンの動力を伝えるものを指し、前輪のものはFF、後輪のものはFRと言われます。

野菜05

FF方式は前面にエンジン・駆動するタイヤと重要なものが集まるため、操作性がFRと比べて若干劣るというデメリットがありますが、悪路に比較的強い方式です。日本の整備された道路では操作性の悪さが気になるという事はあまりありません。

 
FR方式は前面にエンジン・駆動するタイヤが後輪という方式で、操作が軽く重量が偏らない事から高い安定性となり雨天時なども不安定になる事はありません。しかし、雪といった悪条件に弱く、雪道などでは操舵不能となる事も少なくありません。

 

これら2WDに対して4WDというのは4つのタイヤ全てにエンジンの動力を伝えるもので、全てのタイヤに動力が伝わるので安定性がとにかく高く、坂道や滑りやすい道路、山道のようなデコボコした道や雪道とFF方式以上に悪路などにも強くなります。しかし、全てに動力を伝える為、燃費が悪くなりがちになりますので、燃費の良さなら2WD、路面にパワーを安定して伝えるなら4WDとなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。