車の3つの駆動方式

4WDは四輪が全て駆動するために、駆動力に優れ、凍結路面や悪路などの強いなどあらゆる場面で活躍してくれる、
駆動方式ですが、当然メリットだけではなくデメリットも持ち合わせています。

 

 

まず、一番の問題点は4WDは複雑な構造をしているため、部品の点数が多くなりそれだけコストがかかります。卵
更に部品が多くなると言うことは、車重が増すということになるのでそれだけ燃費の悪化も避けられません。
そして、デフオイルと呼ばれる物を定期的に交換しなければならないと言うメンテナンス性の面でもマイナスです。

 

 

次に4WDはその仕組から、タイヤ四本を全て同じサイズで揃えなければなりません。
もし4本のタイヤのサイズがバラバラであるとデファレンシャルギアと呼ばれる、
4本のタイヤの回転差を吸収する装置に負担がかかり、最悪車両火災が発生してしまう恐れがあります。
通常では4本のタイヤのサイズがバラバラと言うことはありませんが、例えばタイヤの一本がぱんくしてしまった、
などと言った状況になると、その他の磨り減ったタイヤと新品のタイヤでサイズの差ができてしまい、
デファレンシャルギアに負担がかかることになってしまうので、タイヤを全て替えなければならなくなると言った問題があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。