車の3つの駆動方式

4WDのメリットはもちろんタイヤが滑りにくいことですが、これは未舗装路や雪道などの悪路、オフロードなどだけではなく、舗装道路でも発揮されます。

 

自動車はタイヤが確実に路面をグリップしているほど安定して走ることが出来るのですが、どういう状況だとそのグリップが低下するのでしょうか、まず路面の状況が悪いときです。積雪があったり、凍結していたり、未舗装路だったりすると非常に滑りやすくなり、ゆっくり走っていても4WDの走破性の高さをはっきり感じられる状況になります。

 

しかし逆に路面がきれいな舗装のことには4WDEにメリットはないのでしょうか。

通常はないといえます。

 

しかしそれもタイヤのグリップ力に十分な余裕がある場合です。つまり高速走行をしているときには、実は一般道を走っているときに比べて、はっきりはわかりにくいのですが、やはりタイヤは完全にグリップしている状態ではなくなっているのです。つまりある程度滑りながら走っているのです。そこで再び4WDのメリットが出てきます。4WDは4輪に駆動力が分散しているので1輪あたりの出力が少なく、滑りにくいのです。つまり4WDはスピードが出ているときも安定して走れるのです。特に直進安定性がはっきりと高いのが魅力です。雨で路面に水が溜まっている状態などでははっきりと違いがわかります。

コメント

コメントを受け付けておりません。