車の3つの駆動方式

一般的に4WDというと、氷雪路やオフロードなど、路面状況の悪い環境下で、その能力を十分に発揮しますが、乾燥路舗装道路であってもそのメリットはあります。

そのメリットを最も体感できるのはやはり雨の日ではないでしょうか。やや極短な言い方をすると、どしゃぶり状態でも乾燥路と同じような安定性が得られるのです。

雨で路面に水たまりができているような状態での走行は、タイヤと路面はわずかに滑っているものです。雨の日の高速運転で、ふわふわと浮いたような感じを体験したことがある人も多いと思います。特に悪条件が重なると安定度が低くなってしまい、スリップ事故の原因となります。

4WD車は、そのメカニズムの分だ車重も増えますし、燃費が悪いと言われます。車両価格も、一般的なFF車と比べれば、数十万円は余計にかかります。しかし、お金がかかって高い分、それ以上の能力価値は十分にあるといえるでしょう。4WDの安定感は、いざという時に、ドライバーを守ってくれる強い味方となってくれるものです。

北日本や東日本といった降雪地域に住んでいる方にはもちろんですが、冬でも雪とは無縁な地域の方でも、安全面における4WD車のメリットは大きいものです。

 

コメント

コメントを受け付けておりません。